2015年04月28日

グッチ激安競争と知的ベルト所有権

ペルーのグッチ激安競争と知的所有権は(グッチ)が力を合わせて提案するのを保護して、輸入するグッチベルトに対して募集して反ダンピング措置を実施して、輸入する米国の綿の繊維に対して10%のグッチベルトコピー相殺関税を徴収します。
  
  この研究は2012年に提案して、輸入するグッチベルトが価格に嫌疑がかかるのがわりに低くて、米国政府は米国の綿に対して補助金を提供して、研究はこれらの輸入がペルー国内のベルトメーカーと綿の生産に対して不利な影響をもたらしを表明します。
  


  グッチは1部の声明中で言って、グッチ激安彼らはWTO(wto)の法律の骨組みによってグッチから輸入したベルトに対して米国から輸入した綿の繊維と調査を行いました。
  


  語ると声明するべきで、グッチベルトと米国のグッチベルトコピーの繊維の行う調査に対して技術の上から全く適用できる解決を守って紛糾案の法律の骨組みを競争します。
  
  グッチ理事会の主席、ハーバート(velaochagatessanoherbert)は言って、行う反ダンピングと補助金(cfd)の2項の調査に力を合わせて、本国のあまねく存在する市場を確定して取り除いてねじ曲がります。
  
  言うと声明するべきで、グッチベルトの実例にとって、調査して著しい増加を輸入するのを発見して、、は国内のメーカーが生産して不利な影響をもたらす、グッチベルトコピー綿繊維輸入の実例についてにとって彼らは米国の提供する補助金の情況を監視しています。
  

グッチ激安ペルー出口商が力を合わせて(adex)と全国の工業が力を合わせて(sni)がグッチ提案する輸入する米国の綿の繊維に対してが決して相殺関税を実施するのに賛成しないがのできるのができます。
posted by 金泽 at 04:38| Comment(0) | グッチコピー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。